自作PCに必要な部品は通販サイトで揃えよう!

自分好みのカスタムPC

用途にあったパーツ選定

PC操作

自作PCを作成することを決めたは良いものの、各パーツの特徴がわからないという方は多いのではないでしょうか。
PCのパーツはそれぞれが別々の役割を担っておりやみくもに高いパーツを使えばよいというものでもありません。
各種パーツの特徴を理解し、用途にあった自作PCを作り上げましょう。
CPUはPCの脳みそともいえる部分で、CPUの性能がPCの処理能力に直結します。
CPUは周波数の高さが性能差ともいえるのですが。
低負荷の作業でも同時に行う場合は、周波数が低くても脳みその数(コア数)の多いPCを使用することで各処理を並列で行えるため、結果的には処理能力をあげることが可能です。
電源はPCの心臓の役割を果たしています。
電源のワット数の多さはPCのパワー源になりますので、高負荷の作業をする場合などは、大電力を供給可能な電源が必要になります。
メモリの容量はPCの作業スペースの広さを表しており、メモリの容量が高いほどPCが作業しやすくなります。
そのためメモリ容量が十分あれば、ほかの部分にかかる負荷が少なくなります。
HDDやSSDはPCの記憶をつかさどっています。
HDDの通信速度はSSDに比べて遅いですが、大容量データの保存が得意なので、保存データが大量にある場合はHDDを選びましょう。
それとは逆にSSDは大容量の記憶は苦手ですが、通信速度が速いためデータを高速で保存したい場合などはお勧めです。
HDDとSSDは併用可能なので、どちらのメリットも捨てがたい場合は、両方搭載してもよいでしょう。
上記の全てを統合するのがマザーボードです。
マザーボードはPCの中枢部分ですので、マザーボードのスペックで搭載できるパーツに制限がでます。
今後自作PCを拡張していきたいと考えているのであれば、拡張性の高いマザーボードを選定することが重要です。
各パーツの役割を理解することで、自分好みの自作PCを作りましょう。

自分でPCを構成する利点

パソコン

現在はメーカーPCの価格も下がり、価格面でのメリットは薄れてきていますが、それでも自作PCは未だに根強い人気を誇ります。
その最たる理由が満足感の高さです。
メーカーPCには自由度はありませんが、BTOであってもカスタマイズ性の自由度はそれほど高くないのが実情です。
例えばローエンドとハイエンドのパーツを混在させるような、ちょっとした遊びを加えることが難しいのです。
また、自作PCを構成することで各パーツへの理解が深まります。
すると必然的に求めるパーツの種類も増加していきます。
グラフィックボードであれば、それに合う電源回路とメモリの容量を求めるようになりますし、グレードの高さに応じてクーラーの冷却性能もこだわりを持って検討することになります。
それに加え、デザイン性を重視したケース選びも求めるようになるでしょう。
メーカーPCとBTOとは異なり、自作PCでは自分が理想とするPCを完璧な状態で手に入れることができるのです。
さらにPCをグレードアップさせる場合、自作PCであればパーツの換装が容易な点も見過ごせない利点です。
汎用規格のパーツで構成しているので、流用できるパーツが出てきます。
これにより大幅なコスト削減が見込め、長期間に渡ってハイスペックPCを維持することが可能と言えます。
そして何より自作PCを構成することの醍醐味は考えることの楽しさに他なりません。
予算を決めてパーツの種類や性能を吟味する作業には、つい時間を忘れて没頭してしまうことでしょう。

お得なパーツが狙い目

模型

PCを自作する際、パーツは全て自分で調達する必要があります。
主にパソコン専門の通販サイトで購入することができます。
通販サイトでは基本的にバルク品のパーツが販売されています。
バルク品とは必要最低限の梱包や保証を簡易的にしたもので、メーカー製と比べて安価なのが特徴です。
また、型落ちなどをアウトレット品と称して安く販売する場合もあります。
通販サイトでは日々最新のパーツを仕入れるため、古いものは値下がりしやすい傾向にあります。
最新と一世代前のパーツでは性能もそこまで大きな差はないため、コストパフォーマンスを重視するのであれば型落ちしたパーツを購入した方がお得となります。
特にCPUやマザーボードは技術進歩が速いため、すぐに型落ちします。
世代が変わる時期には在庫処分として一世代前のパーツが安売りされることが多いため、このタイミングで自作PCを製作すると費用を抑えることが可能です。
グラフィックボードや電源などは外箱の損傷によってアウトレット品に回されることがあります。
製品自体には一切問題ないので、外箱にこだわりがなければアウトレット品を選ぶのも自作PCの予算を抑えるコツです。
通販サイトで購入した自作PC用のパーツは丁寧な梱包で自宅へ届けられます。
パーツは精密機器なので振動には弱いものの、しっかりと緩衝材が敷き詰められた箱に入れられて配送されるので、店舗での購入と何ら変わりません。
自作PCのパーツを安く調達するのであれば、通販サイトが最も利便性が高くておすすめです。

自分好みのカスタムPC

PC操作

PCのパーツは高価であれば、必ずしも性能があがるわけではありません。用途にあったパーツ選定ができていなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。各パーツの役割を理解した上で、性能だけでなくコストパフォーマンスも高い自作PCを作りましょう。

もっと読む

性能を考慮した部品選び

ノートパソコン

好みのパーツで組み立てることができる自作PCですが、それぞれの性能がパソコン全体の性能を左右します。より高性能な自作PCを作るには、新しめのOSを選択し、なるべくスペックの高いメモリやCPUを揃えるのが大切です。

もっと読む

失敗しないPCの買い方

男女

PCの買い方には自分でパーツを選んで組み立てる自作PCと、最初から完成されているメーカー製の既製品を買う方法があります。自作PCはカスタマイズ性やハイスペックなPCを求めている人に適しており、既製品はメーカー保証が付いている点が利点です。

もっと読む