自作PCに必要な部品は通販サイトで揃えよう!

予算とスペック

必要な部品

PC操作

自作PCは予算とスペックは比例するため、主に何に使用するのかゲームなのかビジネスなのかネットサーフィンなのかその用途により、どの部品に予算を割くかが決まります。
まずは予算を最初に決めて置きます。
自作PCの組立てに必要な部品ですがケース(精密機器を収納するBOX)、マザーボード(各電子回路を動作させるメイン基盤)、CPU(処理装置)、メモリー(記憶装置)、ハードディスク(補助記憶装置)、ドライブ(CDやDVD、BLなど)これらが本体の中身の内容になります。
また、それ以外にもマウス、キーボード、モニターなど外部入出力装置があります。
これが最低限の自作PCに必要な部品になります。
ちなみに、各部品事に価格差があり、限られた予算内で自作PCを組立てる時は用途に合わせて選定する必要があります。
しかし、自作PC組立のメリットの一つにメモリ容量の増設やハードディスク更新などスペックアップが容易に行う事があります。
もし予算不足で最初は諦めた事でも後から追加する事が可能なので心配無用です。
忘れてはいけないのがOSです。
これは、無料の物もあれば有料の物もあります。
また、ビジネスでよく使うOfficeソフトも有料と無料の物がありますので、予め予算を割いて置きましょう。
最後に使用する工具です。
プラスとマイナスのドライバーがあれば大丈夫です。
組立てる際には絶縁手袋と自分接地を行い、必ず静電気対策するようにしましょう。
怠ると数万円する精密部品が一瞬で動作不能になります。

パーツ選びで重要なこと

グラフとパソコン

自作PCは自分の好みでパーツを構成できる点が最大の魅力ですが、だからといって好き勝手に選んでしまうと最適な環境を手に入れることが難しくなります。
特に自作初心者の方は、いくつかのポイントに気をつける必要があります。
まずはPCケースの選び方です。
用途によっても変わってきますが、いくら高性能なパーツで組んでもケースが貧弱だとすべてが台無しとなります。
最低でもミドルタワーは選択しておきたいところです。
ミドルタワーは適度な拡張性と内部空間を持ち、熱がこもりにくいメリットもあるバランスの良いサイズのケースです。
他にスリムサイズのミニタワーや、とても大きなフルタワーなども存在しますが、自作PCの初心者であればミドルタワーを選んでおきましょう。
続いての自作PCにおける重要なパーツが電源です。
各パーツを動かすためには十分な電力が必要になります。
電源がひ弱だと高性能なパーツの能力を最大限に引き出すことができません。
グラフィックボードを取り付ける場合は、少し余裕を持って500W以上の電源を選ぶようにしましょう。
そしてPCの心臓部であるマザーボードと、頭脳とも言えるCPUにはお金を掛けてください。
特にCPUはPCの快適さに直結するので、なるべく最新のものを選ぶべきです。
データを保存するHDDやメモリなどは後からいくらでも換装することができるので、それほど気にする必要はありません。
より高速を求めるのであれば、HDDよりもSSDがおすすめです。
これらのポイントを考慮して自作PCを構成すれば、失敗を招くリスクは減らせます。

ネット通販で部品がそろう

男性

オリジナルの自作PCであれば、自分の使用用途に応じてスペックを決めることができるので、無駄のないPCを作ることができます。
コストも既製品よりも自作PCのほうが安くなるケースが多いのでコストメリットも高くなるでしょう。
自作PCを作成するためには部品を集めることが必要ですが、ネット通販であれば、必要なものを自宅に送付してもらうことができるので、効率的に部品集めをすることができます。
仕様や価格を比較しながら自作PC用の部品を選ぶことができる点もネット通販のメリットとなります。
また、使い続けることで、仕様の増設をすることが必要な時なども既製品よりも柔軟に対応することができるため、PCを使って仕事をすることが多い人にも向いているといえます。
ディスプレイなどもセットの既製品ではなく、自作PCであれば、好きなサイズを探して使うことができ、価格が安いものや目に優しいものを探すことも可能となります。
ノートPCなどもオリジナルの自作PCとすることができます。
持ち運ぶことが多い仕事に従事している人は、一般販売されているノートパソコンよりもかなりハイスペックとなるものを作成することも出来ます。
自分でオリジナルの自作PCを作ったことがない人でも、インターネットで検索することで、いろいろな情報を入手できるので、詳しい作成方法なども学ぶことができるでしょう。
オリジナル部品を販売しているネット通販会社なども自作PC作成に役立つ情報を提供していることが多くなっています。

自分好みのカスタムPC

PC操作

PCのパーツは高価であれば、必ずしも性能があがるわけではありません。用途にあったパーツ選定ができていなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。各パーツの役割を理解した上で、性能だけでなくコストパフォーマンスも高い自作PCを作りましょう。

もっと読む

性能を考慮した部品選び

ノートパソコン

好みのパーツで組み立てることができる自作PCですが、それぞれの性能がパソコン全体の性能を左右します。より高性能な自作PCを作るには、新しめのOSを選択し、なるべくスペックの高いメモリやCPUを揃えるのが大切です。

もっと読む

失敗しないPCの買い方

男女

PCの買い方には自分でパーツを選んで組み立てる自作PCと、最初から完成されているメーカー製の既製品を買う方法があります。自作PCはカスタマイズ性やハイスペックなPCを求めている人に適しており、既製品はメーカー保証が付いている点が利点です。

もっと読む